公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

男女共同参画

ジェンダー教育

平成30年度一般教養科目大学特色科目

男女共同参画推進センターでは、学生が社会的性差(ジェンダー)と平等について理解し、考え方や行動に生かすことができるように、平成24年度から教養教育科目「大学特色科目」を実施してきた。平成28度からは、前期と後期に1科目ずつの計2科目の実施となった。

科目名 「地域社会で活躍する女性」
実施期 前期
単位数 2単位
曜日・時限 金3
授業計画
1.ガイダンス、ジェンダー論
第1回 ガイダンス 明石惠子(男女共同参画推進センター長、看護学部教授)
第2~3回 ジェンダー論 木下 薫(ワーク・ライフ・バランス相談員)
2.企業における女性の活躍
第4回 塩﨑敦子(エステム代表取締役社長)
第5回 宮武貴美(名南経営コンサルティング)
第6回 吉田幸代(リゾートトラスト ダイバーシティ推進室長)
第7回~8回 野村恵美子(キャリアビジョン代表取締役)
第9回 安井きみよ(中北薬品マナーインストラクター部)
第11回 百瀬則子 ユニー(環境・社会貢献部長)
3.名古屋市における女性の活躍
第10回 荒木美恵(名古屋市立軍水保育園長)
第12回 平松伯文(名古屋市役所 総務局職員部人事課人事係長)
4.セクシャルマイノリティ
第13回 安間優希(特定営利活動法人PROUD LIFE代表)
5.男女共同参画とワーク・ライフ・バランス
第14回 重原惇子(特定営利活動法人PROUD LIFE代表)
第15回 木下 薫(ワーク・ライフ・バランス相談員)
科目名 「ワーク・ライフ・バランスとダイバーシティ」
実施期 後期
単位数 2単位
曜日・時限 金3
授業計画
第1回 ガイダンス(男女共同参画推進センター・明石惠子)
第2回 「ジェンダーと科学」(システム自然科学研究科・三浦均)
第3回 「薬剤師をとりまく生物学的性差と社会的性差」(薬学研究科・菊池千草)
第4回 「看護の現場における男性・女性の協働」(病院看護部・平原広登)
第5回 「医療におけるワーク・ライフ・バランス」(医学研究科・道川誠)
第6回 「子どもの人権と児童虐待」(看護学部・堀田法子)
第7回 「就労女性の妊娠・出産・子育て支援」(看護学部・寺口顕子)
第8回 「変革時代におけるワーク・ライフ・バランスとキャリアの考え方」(病院薬剤部・萩原宏美)
第9回 グループワーク(男女共同参画推進センター・明石惠子)
第10回 「ユニバーサル・デザイン」(芸術工学研究科・鈴木賢一)
第11回 「ワーク・ライフ・バランスと企業業績」(経済学研究科・山本陽子)
第12回 「職業におけるダイバーシティ」(人間文化研究科・宮下さおり)
第13回 「職業と家庭生活の調和―オランダモデル」(人間文化研究科・宮下さおり)
第14回 「少子化とワーク・ライフ・バランスー1930年代のスウェーデンの経験」(経済学研究科・藤田菜々子)
第15回 全体討論(男女共同参画推進センター・明石惠子)