公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

男女共同参画

センター長メッセージ

男女共同参画の現状と課題

本学における男女共同参画への取り組みは、平成20年6月に設置された「男女共同参画室」から始まりました。次いで平成23年11月に「女性研究者支援室」が設置され、さらに平成26年4月にはこれらが統合されて「男女共同参画推進センター」となり、いくつかの事業を展開しています。特に平成26年~28年の3年間は、文部科学省・科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業【連帯型】」に名古屋大学・名古屋市立大学・豊橋技術科学大学で提案した「AICHI女性研究者支援コンソーシアム」が採択され、女性研究者の上位職登用、女性研究者の研究力向上、ワークライフバランス推進、女子学生キャリア支援を柱とした多彩なプログラムが行われました。このように本学における男女共同参画、女性研究者支援の気運は高まりましたが、補助事業が終了した本年度以後、どのように事業を継続するかが大きな課題となっております。
長い人生のなかで育児や介護は避けて通れないライフイベントであり、女性にとっても、男性にとっても大きな関心事です。本学のすべての教職員と学生が家庭生活と仕事・学修を両立できるよう、そして自らの目標に向かって自分らしく取り組めるように、限りある資源のなかで工夫しながら事業を展開していきたいと思います。
皆様のご協力、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成29年5月 明石惠子 (看護学部教授・学長補佐)