公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

ダイバーシティ

男女共同参画宣言・基本方針・行動計画・ポジティブアクション

男女共同参画宣言

男女共同参画社会基本法は、男女共同参画社会の実現を21世紀の最重要課題と位置づけている。「男女が、互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現」という法の精神は、知の創造と継承を理念として、真理の探求とそれに基づく教育により、社会文化の向上と人類福祉の増進に寄与する名古屋市立大学の運営の基盤ともなるものである。

名古屋市立大学のすべての構成員は、性差別に対する鋭敏な感覚と個性を尊重する意識を備え、「だれもがいきいきと活躍できる多様性のあるゆたかな大学」づくりを推進する。
また、名古屋市立大学は、研究・教育・就業と家庭生活の両立のための環境を整備するとともに、女性の採用・登用を促進し、ジェンダーや人権問題に関する研究・教育の成果を広く地域社会や国際社会に還元することにより、男女共同参画社会の実現に寄与していく。

名古屋市立大学は、男女共同参画社会基本法の精神に則り、男女共同参画を積極的に推進し、男女共同参画社会の実現に向けた主導的役割を果たす大学として社会の発展に貢献していくことをここに宣言する。

平成24年3月16日

公立大学法人名古屋市立大学男女共同参画推進基本方針

平成21年4月 男女共同参画室 男女共同参画推進委員会

公立大学法人名古屋市立大学は、男女がお互いに人権を尊重し、個人が性別による差別的扱いを受けることなく、その能力を発揮できる男女共同参画社会の形成に貢献する。

男女共同参画社会の実現に寄与する教育・研究の推進
  • 機会均等の実現により、教育研究機関としての使命を果たしていく。
  • 教育研究を通して男女共同参画社会に寄与する人材を送り出す。
男女の機会均等を達成する学内環境の構築
  • 教育研究体制、就業体制、制度、環境、慣行について、男女共同参画を阻害する要因の抽出とその除去に対し積極的に取り組む。
ワーク・ライフ・バランスの両立支援
  • 教育・研究および就業と家庭生活との両立を支援する。
地域社会・国際社会との連携を通じての男女共同参画の推進
  • 地域自治体や市民活動との連携、国際社会協働活動を通じて、男女共同参画の推進に貢献する。

公立大学法人名古屋市立大学第4次男女共同参画行動計画

平成30年4月

趣旨

この計画は、男女共同参画社会基本法および男女平等参画推進なごや条例の主旨に則り、公立大学法人名古屋市立大学第三期中期計画、名市大未来プランのもとで進める、名古屋市立大学の男女共同参画推進に対する行動計画を定めたものである。本計画期間中には、女性上位職の登用推進とワーク・ライフ・バランスの実現に特に力を入れて男女共同参画の推進に取り組む。

計画期間等
計画期間

平成30年4月1日から平成32年3月31日まで

計画の見直し

計画期間中における社会状況の変化や教職員からの要望等をふまえ、本計画を弾力的に見直し、変更できるものとする。

目標と対策
教育における男女共同参画

大学の主要な役割のひとつである教育の面において男女共同参画を実現するために、性別にかかわらず、充実した教育を受けることができる環境づくりと、同時に社会において男女共同参画の担い手となる人材を育成する。

  • 学生に対し、大学院進学や研究者になることの魅力を広める。
  • 男女共同参画やワーク・ライフ・バランスに関する教養教育の充実を図る。
  • 男女共同参画を推進するための教員研修を行う。
研究における男女共同参画

教育と同様に大学の主要な役割である研究の面において男女共同参画を実現するために、性別にかかわらず、公平にかつ積極的に誰もが研究活動を行える環境づくりを進め、同時に男女共同参画社会を形成するための研究活動を推進する。

  • ライフイベントと研究の両立を支援する。
  • 上位職女性研究者が少ないことに鑑み、女性研究者の上位職への積極的登用や研究力向上に向けた取組みを行う。
  • 女性研究者のネットワーク形成を促進する。
  • 男女共同参画の推進につながる研究活動の公表・表彰を行う。
雇用における男女共同参画

雇用の場でもある大学として、その面での男女共同参画を実現するために、性別にかかわらず誰もが積極的に力を発揮でき、ワーク・ライフ・バランスを実現できる職場環境をつくる。

  • 各部局で課題と目標を設定し、ジェンダーバランスを考慮した教員の採用に努める。
  • ワーク・ライフ・バランス相談室の相談内容や他大学・機関の例をもとに、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた提言を行う。
大学運営全般における男女共同参画

教育・研究・雇用の全ての面において、ハラスメントの予防対策と学外との連携を進める。

  • 性別にかかわらず誰もが充実した教育を受け、積極的に研究や仕事に力を発揮できる環境をめざし、ハラスメントの予防対策を行う。
  • 行政、地域、企業と連携し、男女共同参画の取組みを進める。

公立大学法人名古屋市立大学第4次男女共同参画行動計画(PDF 106.7 KB)

【参考】公立大学法人名古屋市立大学第3次男女共同参画行動計画(PDF 122KB)

【参考】公立大学法人名古屋市立大学第2次男女共同参画行動計画(PDF 174KB)

【参考】公立大学法人名古屋市立大学第1次男女共同参画行動計画(PDF 144KB)

各部局における男女共同参画

目標・行動計画

令和元年度 各部局における男女共同参画の目標・行動計画(PDF 90.9 KB)

教員の所属別・補職別・性別比率

令和元年度 5月現在の教員の所属別・補職別・性別比率(PDF 44.7 KB)

ポジティブ・アクション

以下の数値目標達成に向け、ポジティブ・アクションに取り組みます。

「平成25年度までに女性教員比率24%」(女性研究者研究活動支援事業)
「平成29年度までに女性教員比率27%」(本学第二期中期計画)

女性教員の登用促進について (平成20年12月)

「男女共同参画基本計画」(第2次)(平成17年12月27日閣議決定)に基づき、大学における女性教員の採用・登用における女性教員の割合向上に向けた積極的な取組が求められていることから、本法人にあっても、平成18年度から23年度までの中期計画において「女性教員の採用拡大のため勤務環境等の改善を図り、女性教員比率20%をめざす」という数値目標を設定したところである。
本法人では、職員については、女性比率は76.6%であるのに対し、教員については、17.9%という結果となっており(平成20年12月現在)、一向に改善の兆しがみられず、教員への女性参画が遅れている。(別紙参照)
そこで、別に策定した「公立大学法人名古屋市立大学次世代育成支援行動計画」を着実に実施し、勤務環境等の整備を行うとともに、女性の採用・登用の促進を図るため、次のように女性教員比率向上のための積極的改善措置(ポジティブ・アクション)を実施する。

  • 本法人の教職員募集のホームページの冒頭に、『名古屋市立大学では男女共同参画を推進しており、女性比率の向上を図っています。教員採用においては、「業績と能力」が同等であると認められるならば、女性を積極的に採用します』の文言を掲示する。
  • 各研究科の公募案内及び募集要項に、『採用又は昇任においては、「業績と能力」が同等であると認められるならば、女性を積極的に採用する又は昇任させる』旨の記載を加える。
  • 女性教員数及び女性教員比率については、研究科別、職階別に集計し、毎年度、教育研究審議会に報告した上で、学内外に公表する。
各部局における男女共同参画の目標・行動計画

令和元年度(PDF 90.9 KB)

平成30年度f(PDF 177.7 KB)

平成29年度(PDF 250.1 KB)

平成28年度(PDF 181.2 KB)

平成27年度(PDF 204.5 KB)

平成26年度(PDF 179.2 KB)

教員の所属別・補職別・性別比率について

令和元年度5月(PDF 44.7 KB)

平成30年度5月(PDF 107.6 KB)

平成29年5月(PDF 108.0 KB)

平成28年5月(PDF 106.5 KB)

平成27年5月(PDF 106.7 KB)

平成26年5月(PDF 94.6 KB)

名古屋市立大学における学生・教職員のジェンダーバランス (平成22年)

名古屋市立大学における学生・教職員のジェンダーバランス(PDF 142.8 KB)

名古屋市立大学における学生・教職員のジェンダーバランス(概要版)(PDF 28.1 KB)