公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

ダイバーシティ

男女共同参画推進センター

センター長メッセージ

(男女共同参画の現状と課題)

本学における男女共同参画への取り組みは、平成20年6月に設置された「男女共同参画室」から始まりました。次いで平成23年11月に「女性研究者支援室」が設置され、さらに平成26年4月にはこれらが統合されて「男女共同参画推進センター」となり、いくつかの事業を展開しています。特に平成26年~28年の3年間は、文部科学省・科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業【連帯型】」に名古屋大学・名古屋市立大学・豊橋技術科学大学で提案した「AICHI女性研究者支援コンソーシアム」が採択され、女性研究者の上位職登用、女性研究者の研究力向上、ワークライフバランス推進、女子学生キャリア支援を柱とした多彩なプログラムが行われました。このように本学における男女共同参画、女性研究者支援の気運は高まりましたが、補助事業が終了した本年度以後、どのように事業を継続するかが大きな課題となっております。
長い人生のなかで育児や介護は避けて通れないライフイベントであり、女性にとっても、男性にとっても大きな関心事です。本学のすべての教職員と学生が家庭生活と仕事・学修を両立できるよう、そして自らの目標に向かって自分らしく取り組めるように、限りある資源のなかで工夫しながら事業を展開していきたいと思います。
皆様のご協力、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成29年5月 明石惠子 (看護学部教授・学長補佐)

センター概要

平成20年6月、名古屋市立大学に「男女共同参画室」が設置され、大学における男女共同参画の推進に向けて、活動を開始しました。 また文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」に採択されたことを受け、出産・子育て等のライフイベントと研究を両立するための環境整備や意識改革、ポジティブ・アクションを進めるため、平成23年11月に「女性研究者支援室」が設置されました。
平成26年4月からは、これまでの男女共同参画室と女性研究者支援室を統合し、新たに「男女共同参画推進センター」として始動しています。

センター配置職員 (平成31年度)

センター長

明石 惠子(看護学研究科 教授・副学長)

副センター長

小黒智恵子(看護部長)

センター員

杉浦 真弓 (医学研究科 教授)

築地 仁美 (薬学研究科 講師)

山本 陽子 (経済学研究科 教授)

中川 敦子 (人間文化研究科 教授)

影山 正幸 (芸術工学研究科 准教授)

山口 知香枝(看護研究科 准教授)

徳光 昭夫 (システム自然科学研究科 准教授)

ワーク・ライフ・バランス相談室相談員

木下 薫

センター事務員

加藤 千佳

センター運営委員会(平成31年度)

委員長

明石 惠子(看護学研究科 教授・副学長)

委員

杉浦 真弓 (医学研究科 教授)

築地 仁美 (薬学研究科 講師)

山本 陽子 (経済学研究科 教授)

中川 敦子 (人間文化研究科 教授)

影山 正幸 (芸術工学研究科 准教授)

山口 知香枝(看護学研究科 准教授)

徳光 昭夫 (システム自然科学研究科 准教授)

小黒 智恵子(看護部長)

鳥羽 義人 (事務局次長)

三浦 伸介 (事務局総務課長)

(総務課人事係、病院事務課事務係)

女性研究者の交流

男女共同参画推進センターでは、女性研究者や女子学生の学部を超えたつながりづくりを目的として、ランチミーティングや交流会を開催しています。和やかな雰囲気の中、研究や働き方などについての情報交換をしています。

イベントに関する情報

イベント情報

ジェンダー教育

平成31年度一般教養科目大学特色科目

男女共同参画推進センターでは、学生が社会的性差(ジェンダー)と平等について理解し、考え方や行動に生かすことができるように、平成24年度から教養教育科目「大学特色科目」を実施してきた。平成28度からは、前期と後期に1科目ずつの計2科目の実施となった。

科目名

「地域社会で活躍する女性」

実施期

前期

単位数

2単位

曜日・時限

金3

授業計画

1.ガイダンス、ジェンダー論

第1回 ガイダンス 明石惠子(男女共同参画推進センター長)

第2回 ジェンダー論 安間優希(特定非営利活動法人PROUD LIFE)

2.企業における女性の活躍

第3回 塩﨑敦子(株式会社名南経営コンサルティング)

第4回 塩﨑敦子(株式会社エステム)

第5回 吉田幸代(リゾートトラスト株式会社)

第6回 安田みきよ(中北薬品株式会社)

第8回 百瀬則子(一般社団法人中部SDGs 推進センター)

第10回 野村恵美子(株式会社キャリアビジョン)

3.名古屋市における女性の活躍

第7回 三谷幸司、村瀬智子(名古屋市総務局 男女平等参画推進室)

第9回 田川哲哉(名古屋市総務局人事課)

第11回 荒木美恵(名古屋市立上飯田南保育園)

4.セクシャルマイノリティ

第12回 安間優希(特定非営利活動法人PROUD LIFE)

5.男女共同参画

第13回 重原惇子(特定非営利活動法人 参画プラネット)

6.全体討論

第14~15回 全体討論 明石惠子(男女共同参画推進センター長)

科目名

「ワーク・ライフ・バランスとダイバーシティ」

実施期

後期

単位数

2単位

曜日・時限

金3

授業計画

第1回 ガイダンス(男女共同参画推進センター長・明石惠子)
第2回 「ジェンダーと科学」(システム自然科学研究科・徳光昭夫)
第3回 「医療におけるワークライフバランス」(医学研究科・道川誠)
第4回 「薬剤師をとりまく生物学的性差と社会的性差」(薬学研究科・菊池千草)
第5回 「看護の現場における男性・女性の協働」(病院看護部・平原広登)
第6回 「子どもの人権と児童虐待」(看護学研究科・堀田法子)
第7回 「就労女性の妊娠・出産・子育て支援」(看護学研究科・寺口顕子)
第8回 「職業人と家庭人の両立」(臨床研究開発支援センター・志馬景子)
第9回 「ユニバーサル・デザイン」(芸術工学研究科・鈴木賢一)
第10回 「ワーク・ライフ・バランスと企業業績」(経済学研究科・山本陽子)
第11回 「職業におけるダイバーシティ」(人間文化研究科・宮下さおり)
第12回 「職業と家庭生活の調和―オランダモデル」(人間文化研究科・宮下さおり)
第13回 「少子化とワーク・ライフ・バランスー1930年代のスウェーデンの経験」

(経済学研究科・藤田菜々子)

第14~15回 全体討論(男女共同参画推進センター長・明石惠子)

研究員支援制度

出産、育児、介護等により研究時間の限られた女性研究者の研究活動を維持・促進することを目的として、当該期間中の女性研究者に研究支援員を配置します。

詳細は、下記のウェブページをご覧下さい。

研究員支援制度

男女共同参画奨励賞

公立大学法人名古屋市立大学における男女共同参画宣言の趣旨に鑑み、男女共同参画社会の実現に関連する優れた研究・活動等を行っている本学の教職員および学生等に対して、学長から表彰を行うものです。

詳細は、下記のウェブページをご覧下さい。

男女共同参画奨励賞

お問い合わせ

名古屋市立大学 男女共同参画推進センター

住所
〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
桜山(川澄)キャンパス 西棟3階
TEL
052‐853‐8577
FAX
052‐841‐6201
e‐mail
sankaku[at]sec.nagoya-cu.ac.jp
※スパムメール防止のため@を[at]にしています。
送信の際は[at]を@(半角)に置換して下さい。

桜山(川澄)キャンパスマップ